【第3弾】土地なしの方必見!家づくりで適切な土地面積を知る方法とは?

こんにちは。

相塲工務店の相塲です。

 

弊社は鹿児島市で、注文住宅、リフォームを展開しております。

自然素材はもちろん、高性能住宅や、設計の工夫で住んだ後を大事にした家づくりを皆様にご提供しています。

今回の記事は以下のような方に向けて書いています。

 

・注文住宅で家を建てたい

・土地についてのポイントを知りたい

・土地探しでつまづいている

 

これらの方は、是非今回の記事をお読みください。

 

目次

1 はじめ

2 適切な土地面積を知るためのポイント

(1)寝室について

(2)子供達の今後について

3 その他土地面積で考えるべきポイント

4 まとめ

 

1 はじめ

前回、前々回と適切な家の広さを把握していただくために、玄関回り・LDK・水回り・収納について解説しながら、皆様に考えていただきましたが、ある程度明確な数字は出てきたでしょうか?

 

まだお読みでない方は、こちらの記事をお読みください。

関連記事:

土地なしの方必見!家づくりで適切な土地面積を知る方法とは?

【第2弾】土地なしの方必見!家づくりで適切な土地面積を知る方法とは?

そして今回は適切な土地面積を知る方法についての締めくくりとして寝室や子供部屋などの「個室」について考えていくつもりです。

 

今回のコラムが終わった時点で必要な家の広さが明確に分かることになるので、

ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

「個室」の広さを知るにあたっては、そこに何を置くのかが重要な点となるので、何を置くつもりなのかをぼんやりと想像しながら考えてみてください。

 

2 適切な土地面積を知るためのポイント

(1)寝室について

寝室の広さを知る上でまずお聞きしたいことが

 

ベッドで寝るのか?

それとも布団を敷いて寝るのか?

 

ということです。

 

また、ベッドで寝る場合は、

 

どのサイズのベッドをどう配置するのか?

ということです。

 

ベッドの選択肢としては

 

シングル・セミダブル・ダブル・クイーン

 

の4種類が考えられますが、

 

長さは全て2mが標準的なものの、

標準的な横幅はシングルが90cm、セミダブルが120cm、

ダブルが140cm、クイーンが180cmとまちまちなので、

ベッドで寝ようとお考えの方は

どのベッドをどのように置くかを考えてみてください。

 

また、寝室にベッド以外の物を置く予定があるのかも広さを考える上で必要な情報となります。

ドレッサー、チェスト、テレビなどを置く予定があるかどうかですね。

 

では、寝室にはベッド以外なにも置かない、

そしてベッドはセミダブルを2台並べて置くという場合では、どれくらいの広さが必要なのでしょうか。

 

この場合、120cm×2台となるので

ベッドが占領するスペースは

240cm×200cmということになりますが、

これが入る広さは一体どれくらいでしょうか。

 

4.5帖=260cm×260cm

6帖=351cm×260cm

7.5帖=442cm×260cm

8帖=351cm×351cm

9帖=533cm×260cm

10帖=442cm×351cm

 

さて、本コラムをお読みの皆様なら

どのサイズをお選びになるでしょうか。

 

この場合、4.5帖では流石に厳しいので、

6帖以上ということになりますよね。

 

というわけで、以上の内容やサイズなどを考慮しながら寝室の広さを算出してみてください。

 

個人的には寝室はただ寝るだけの部屋なので、必要最小限でいいとは思っています。

なぜなら、「家の広さはコストに直結するから」です。

 

(2)子供達の今後について

続いて、子供部屋について考えてみましょう。

子供たちは遅かれ早かれ出ていくものなので、この部屋もまた必要最小限でいいと思っています。

 

また、親の気持ちとしては、子供部屋は人数分つくってあげたいと思う物です。

 

しかし部屋を増やせばその分コストがアップするので、

部屋を増やしたいなら一つ一つの部屋を小さくするか、

部屋を小さくするのに抵抗があるなら部屋数を最大2つにするのがいいと思っております。

 

なので、先程の寝室同様にどんな家具を置くのかを想像しつつ、

先程記載させていただいた部屋の広さを参考にして、

また前回の収納のことも考慮しつつ

広さを考えてみていただければと思います。

 

3 その他土地面積で考えるべきポイント

ここまでご紹介した内容にプラスして、その他プラスαでいくつかご紹介いたします。

 

例えば「書斎」です。

書斎が欲しいというご主人様も多くおられます。

また「ランドリールーム」が欲しいという奥さんもいらっしゃると思うので、

その場合はここまでで出てきた数字に2帖もしくは3帖を足していただけたらと思います。

 

また間取りのご要望や立地条件によっては、1帖もしくは2帖程度の廊下が

出来てしまうこともあるかもしれないので、この段階ではその数字も加算しておいてください。

 

これら以外にも、ご自身で何が必要なのかを考え数字として出してみるのをオススメします。

 

しかし、その根底には「無駄に家を広くするとコストが上がる」という部分を押さえておきましょう。

 

4 まとめ

いかがでしたか?

今回のコラムも、適切な土地面積を知る方法を解説いたしました。

寝室はもちろん、子供部屋や、ご主人様や奥様が欲しいと考えられる部屋についても数字で出すことで、適切な土地面積を知ることができます。

 

ここまでの内容を網羅していただくと最低限必要な広さがお分かりいただけると思うので、ぜひ出てきた数字を前々回の冒頭の式に当てはめてみてください

 

計算式

 

「家の周囲(10坪)+車1台(4.5坪)×台数

+家の1階部分の面積+デッキの広さ」

 

これで導き出された数字が、あなたが選ぶべき土地の広さということです。

 

その土地を探す際は、実際に家づくりを依頼する工務店と一緒に探しましょう。

 

それでは。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

PAGE TOP